文系エンジニア大学生の技術ブログ

主にエンジニア向けにITやプログラミングなどの技術系と大学生向けに休学、留学、海外生活、トビタテ留学、長期インターンに関する記事を書いています。

(文系学生・プログラミング未経験の方向け)エンジニアインターンに興味がある学生のよくある質問に答えてみる

<

f:id:daikiyano:20181021162217p:plain

今回は、ITやプログラミングに興味がある学生、将来エンジニアになりたい学生を対象に エンジニアインターンを応募するに当たってのアドバイスや注意点について質問形式で答えていきます。

基本的に文系学生やプログラミング未経験のかたでもエンジニアインターンに参加することは可能です。 しかし、事前にプログラミング学習やgithubアカウントの作成などの準備が必要です。私自身、文系学生でエンジニアインターンに参加しているので、 これからエンジニアインターンをしてみたい!と考えている学生に対して今回の記事を通じて参考になればいいなと思います。

エンジニアインターンに必要なスキルは?文系学生でも大丈夫?

企業の応募条件は基本的に以下の二つです。

  • 独学を含めたプログラミング経験
  • 授業でプログラミングを学習した経験

情報系を専攻している学生であれば、C+やJava,rubyなどの言語を授業で触れていると思うので、応募条件を満たすのかなと思います。 基本的にはプログラミング経験の有無が条件を満たすかの基準の一つになりますが、中には未経験の学生でも採用している企業があります。なので、大学でプログラミングを学んだことない学生でもやる気と熱意があればインターン生として採用される可能性は十分にあります。私も大学の専攻は経営学なので、一度もプログラミング科目を履修したことはありません。 ただし、エンジニアインターンとして実務を経験したいのであれば、progateやドットインストールなどのプログラミング学習サイトを活用して学習することを強くおすすめします。プログラミングに触れてみることによって自分がプログラミングが好きか嫌いかがはっきり分かりますし、 「エンジニアインターンとして働いてみてやっぱり自分には向いていなかった」なんていうリスクを低減することが出来ます。また、「独学でプログラミング学習していました!」と面接で話すことが出来れば、説得力が上がり採用される可能性も上がります。

成果物やgithubアカウントを提示できるようにしよう!

応募の際に成果物やgithubアカウントの提示を求めてくる企業もあります。必須ではありませんが、成果物やgithubアカウントを提示することで 自身の学習成果をアピールすることが出来ます。また、一部の企業ではプログラミング課題を応募学生に対して求めるケースもありますが、githubアカウントを提示 することにより課題が免除されそのまま二次の面接選考へ進むことが可能性もあります。 なので、progateやドットインストールを学んだ後に、書籍やudemyのオンライン動画を活用するなどしながら成果物を一つ制作してgithubに載せることが一番の理想かなと思います。成果物を作る際に環境構築が必要ですが、環境構築はドットインストールを参照していただければ、cloud9や仮装サーバー「vagrant」の使い方が丁寧に解説されているので、おすすめです。 githubのアカウントをまだ持っていない方はまずはアカウントを作成しましょう!

github.co.jp

www.for-engineer.life

www.for-engineer.life

cloud9の登録方法については私のブログ記事でも紹介してますので、参考にしてみてください。

www.for-engineer.life

面接では何を聞かれる? スーツで行くべき? コーティングテストは?

私は採用される自信ゼロだったので、13社ほど面接に行きました。エンジニア職に関わらず長期インターンは人気で倍率も高いので、基本的に落ちます。笑 なので、1社だけでなく複数社同時に応募した方が効率的だと思います。

面接で聞かれること

私が面接で聞かれたことは以下の通りです。

  • 自己紹介・志望動機
  • なぜプログラミングに興味を持ったのか?
  • 週どれくらいの頻度で働けますか?
  • 何故、その言語を選んだのか?
  • どうやってプログラミング勉強してきたの?
  • 長所・短所
  • キャリアプラン
  • 週どれくらいの頻度で働けますか?
  • 学生時代に頑張ったこと
  • 大学で学んでいること

特に上の三つはほぼ確実に聞かれるので、しっかり話すことを準備した方が良いと思います。特に「何故、プログラミングに興味を持ったのか?」はほとんどの面接で聞かれたような気がします。笑 後は、その言語を選んだ理由について聞かれたこともありました。

スーツは着ていくべき?

これは企業にもよりますが、基本的にスーツは着なくて大丈夫ですが、わからない場合が事前に企業の方に聞いておきましょう。 私の場合は面接は全て私服で行きましたね笑

コーティングテストは?

私は一回だけコーティングチェックをされました。 と言っても、難しい問題を出すのではなくfor文や条件分岐を使用した簡単なスキルチェックです。fizzbuzz問題が解ければ基本的に大丈夫な気がします。 fizzbuzz問題を知らない方は、私が時間があるときにfizzbuzz問題について記事で取り上げたいと思いますので、お楽しみに。 後は、スキルチェックのために事前に課題を課す企業もありました。私の場合は、「簡単な動画のアップロード可能な掲示板」を制作する課題に取り組みました。二週間ほど締め切りまで期間があったので、余裕を持って取り組むことができましたね。

応募する際に利用するサイトは?

最近は長期インターンを紹介するサイトが増えたので学生も気軽に募集企業を探すことができます。 私が利用したサイトは以下の通りです。

  • wantedly

www.wantedly.com

  • キャリアバイト

https://careerbaito.com/careerbaito.com

  • InflA

www.in-fra.jp

  • Jeek

jeek.jp

  • ゼロワン

01intern.com

  • エンジニアインターン

engineer-intern.jp

私はwantedlyとキャリアバイトを中心に利用していました。ほとんどのサイトがエンジニア職だけでなく、 デザイナー職、マーケティング、営業などの職種についても募集見かけることができるので長期有給インターンに参加したい!という学生は この記事で紹介したサイトを活用することをおすすめします。

いかがでしたか? エンジニアインターンに参加することがお金を稼げるだけでなく、開発経験を通じて自身のスキルアップにも繋がります。 興味がある学生はチャレンジしてみてください!