文系エンジニア大学生の技術ブログ

主にエンジニア向けにITやプログラミングなどの技術系と大学生向けに休学、留学、海外生活、トビタテ留学、長期インターンに関する記事を書いています。

大学生がシェアハウスをするメリットについて紹介してみるよ

<

f:id:daikiyano:20190203153725j:plain

今回、大学生に向けてシェアハウスをするメリットついてご紹介したいと思います。

私は昨年の三月からシェアハウス業者を利用してルームメイトとシェアハウスしながら生活をしています。理由は以下の二点です。

  1. 将来の留学を見据えている
  2. 外国人の友人を増やし、語学力と異文化コミュニケーション能力を向上させる

①は何度もブログの中でも触れている通りトビタテ留学です笑 いい加減トビタテ、トビタテしつこいと言われてしまいそうですね。 二つ目は純粋に外国人と会話するのが好きなので、国内でも外国人の友人が増えれば良いなと思い、シャアハウスで生活することを決めました。

今回、実際にシェアハウスをしてみて感じたメリットを少しだけ紹介したいと思います。

シェアハウスをするメリット

初期費用がかからない。

通常、賃貸アパートで一人暮らしを始める場合、敷金、礼金、仲介手数料、鍵交換代などの初期費用が発生します。しかしながら、シェアハウス業者を利用してシェア暮らしを始めると敷金、礼金などの初期費用が発生しません。短期間しかその場所に滞在しない方や留学などを検討している学生であれば、シェアハウスで生活すると費用を抑えることが出来ます。

家具、WIFIが既に設置されている

一人暮らしを始めると冷蔵庫や洗濯機、キッチン用具、ベット、机、椅子などの家具を自分で用意する必要があるので費用がかかります。シェアハウスであればそれらの家具は既に用意されているので、自力で準備する必要がありません。Wi-FIついても既に設置されているシェアハウスがほとんどなので、業者と契約して配線を繋げてWi-Fi設置してもらう手間が省けます。また、シェアハウスの場合、家賃の中に光熱費、水道代、Wi-FI代が含まれているので、冷暖房やガスを使いすぎて代金が高くなってしまう心配もありません。家賃として一括で支払いができるので、光熱費や水道代を滞納してしまうリスクも無くなります。

外国人と交流することができる。

こちらは記事の冒頭で少し触れましたが、多くの外国人がシェアハウスを利用しています。シェアハウス先によって異なりますが、シェアハウスを利用している4割近くの方は外国人です。仕事や留学、ワーキングホリデーで訪日した外国人は生活費用を抑えながら、日本人の友人を作り交流することを目的としてシェハウスを利用します。日本は欧米ほどホームステイを積極的に受け入れている家庭が少ないので、その代替案としてシェアハウスを利用する外国人が多いです。実際に私もシェアハウスをして9ヶ月経ちましたが、これまでに韓国、中国、シンガポール、アメリカ、カナダ、イタリア、フランス、イギリスの国籍の方々とシェアハウスをしてきました。シェアハウスをしていると自然と外国人の友人が増えるため、語学力を伸ばしたい、異文化コミュニケーションを深めたいという学生にはおすすめです。

自立している人が多い。

シェアハウスは学生だけでなく、社会人や海外からの留学生も利用しています。みなさんそれぞれシェアハウスする目的があり、そこでルームメイトと生活をしています。私がシェアハウスを利用している目的は冒頭で述べた通りです。 社会人の方も同じような目的で、

  • 語学力を伸ばすため
  • 貯金して将来、ワーキングホリデーを使って海外に行く

と将来のキャリアをしっかりと考えている方が多いです。外国人の方も日本語を覚え文化や伝統を学ぶため、日本人の友人を増やすためなどの理由でシェアハウスする方が多いです。将来を見据えてシェアハウスを利用する方が多いので、自立している方が多い印象です。このように学生がシェアハウスをすると社会人や外国人の方と交流する機会も多いので、大学生活では味わえない価値観や刺激を受けることが出来ます。

いかがでしたか?シェアハウスを検討している方が多い一方で、他人とシェアハウスすることに対して不安や心配を抱えている方も多いと思います。 今回の記事を通して、シェアハウスを検討する際の判断材料になれば幸いです。

シェアハウス業者

最後にシェアハウス業者をいくつかご紹介したいと思います。

ひつじ不動産

www.hituji.jp

クロスハウス

x-house.co.jp

ボーダレスハウス

www.borderless-house.jp

SHARE PARADE

sharepare.jp

ご紹介した4つのシェアハウスは私が実際に参考にした運営会社です。 もし、シェアハウスを検討されている学生さんのお役に立てれば幸いです。