文系エンジニア大学生の技術ブログ

社会が多様化していく中、大学生の学生生活も多様であるべきと考えています。主にエンジニア向けにITやプログラミングなどの技術系と大学生向けに休学、留学、海外生活、トビタテ留学、長期インターンに関する記事を書いています。

プログラミング初心者でも独学で学べる学習サイトprogate

f:id:daikiyano:20181005164133p:plain

プログラミング初心者でも独学で学べる学習サイトprogate

 皆さん、progateの評判は気になりますか?

今回、プログラミング初心者の方でも独学で学べるオンライン学習サイト「progate」を紹介します。

prog-8.com

今回、紹介するのはプログラミングオンライン学習サイトの「progate」です。全てのカリキュラムを進めるには有料会員になる必要がありますが、月額費用はたったの980円です。数万円~数十万円かかるプログラミングスクールに比べれば手軽にプログラミングを学習することができます。私もプログラミングを自分で学ぼうと思った時、最初に利用したサービスが「progate」です。

今回はprogateのメリット・デメリットを挙げていきます。

progateのメリット

  1. 何かをインストールしたり環境構築をする必要がない。
  2. 手軽に始められ、ゲーム感覚で学習できる。

 

progateのデメリット

  1. 成果物を作ることが出来ない。
  2. 1からコードを書く必要がない。

まずはメリットから

1、何かをインストールしたり環境構築をする必要がない。

Progateはクラウド上で学習することができるので、コースを受講するために環境開発を構築する必要がありません。

未経験者がプログラミング学習を独学で学ぼうと思い、最初に当たる壁が開発環境の構築です。

私もそうですが、IT知識がない未経験者にとって開発環境の構築は難しく、この段階で多くの人がプログラミング学習を始める前に挫折し、学習するのを諦めてしまいます。

なので、「progate」は未経験者でも気軽にプログラミング学習を始めることが出来ます。未経験者はまずは手を動かしてプログラミングをしてみる、コードを書いてみることが一番大事なので、progateをきっかけにプログラミング学習をスタートさせてみてください。

2、手軽に始められ、ゲーム感覚で学習できる。

「progate」はカリキュラムを進めて行くと、自身のアバターのレベルがアップしていきます。私の友人はレベル100を目指してprogateを必死にカリキュラムを進めていました笑

progateではプログラミングを学習するのではなく、ゲーム感覚でプログラミングを体験することができるので、書籍の学習に比べて挫折する可能性も低く、プログラミングってこんな感じなんだな〜ってイメージを沸かせることが出来ます。

続いてデメリットです。

1、1からコードを書く必要がない。

progateは初心者の方でも気軽に始められることが最大のメリットですが、それはデメリットでもあります。

カリキュラムを進めて行くと分かるのですが、難しい部分や細かい部分のコードは既に用意されていてケースが多いです。そうなった時に、progateのカリキュラムを進めて完成させたとしても、いまいちプログラミングを理解していないケースが多いです。

progateを一通り終えて自身のPCで何か成果物を作って見ようと思っても、

恐らく作れるレベルには達していないと思います。何故なら、まず環境構築の仕方が分からない。そして1からコードを書くスキルが十分に備わっていないからです。

progateは初心者でも手軽にプログラミング学習ができ、イメージを沸かせることが出来る一方で、一定の限度があるということを理解した上でprogateを進めていく必要があると思います。

 

2、成果物を作ることが出来ない。

「progate」のコースを終了させたとしても何か完成物が出来る訳ではありません。

通常、インターンなど企業でエンジニア職として働く場合、面接で成果物の提示を求められる場合があります。口頭でプログラミング学習してきたことを説明出来ても、

何か成果物をgithub等で提示出来なければ説得力に欠けます。

なので、progateのコースを全てクリアしたからと言い、すぐにエンジニアとして企業で働けるだけのスキルが備わる訳ではないということを知っておく必要があります。

 

もし、今後エンジニアインターンやエンジニア職として企業で働きたい!という方でしたらprogateを進めた後、どのようにしてプログラミング学習をしていくかをイメージさせながらprogateでプログラミング学習を進めていくと効率的です。

 

progateやってみて自分にプログラミングが向いていないと思った方であれば、それは自分にとっての大きな収穫です。向いてないのにエンジニアになるのが、最悪のシナリオですからね。

 

Progateでは現在以下のコースが用意されています。

 

  • HTMLCSS
  • Java script
  • j query
  • PHP
  • Ruby on Rails
  • Ruby
  • Java
  • Python
  • Swift
  • Command Line
  • Git
  • SQL
  • Sass
  • Go

 

 

ITに興味がある学生、プログラミング初心者の方はメリット・デメリットを理解した上で、まずはprogateを始めてプログラミングを学習することをお勧めします。