サンフランシスコ市内で手荷物を預ける(ロッカー)場所

今回、サンフランシスコ市内で手荷物を預ける場所を紹介したいと思います。

アメリカのコインロッカーはある?

日本の空港や駅構内に行けば、基本的にコインロッカーがあります。安い価格で気軽に手荷物を預けられるので非常に便利です。しかし、アメリカは基本的に犯罪やテロ対策のため街中にコインロッカーが設置されていません。スーツケースや手荷物を一時的に預けたい場合は宿泊したホテルに預けるのが一般的です。

サンフランシスコ市内にある荷物預け場所

旅行先で少し時間が余ったのでホテルに泊まらず、半日だけ観光したいという方も多いと思います。私も一度だけサンフランシスコに日帰りで観光する機会があり、荷物が多かったので市内に荷物を一時的に預けられる場所がないか調べてみました。

その結果、ダウンタウン市内にある「Drop bag to us」が観光客向けに荷物預かりサービスをしていることが分かりました。

Luggage Storage & Bike Rental | San Francisco | DropBagToUs

5, $10 / Day, eBike Rental, In downtown, Near Powell Station and Mega Bus Station, Luggage storage san francisco, DropBagToUs

UberやLyftでDropBagToUsと検索すれば目的地に設定できます。

Drop bag to usの利用料(1日)

Drop bag to usの1日の利用料は以下の通りです。

  • トートバック→5$(5kg以内)
  • スーツケース、リュックなど→10$(23kg以内)
  • 自転車、ゴルフバック、サーフボード→15$(23kg-45kg)

Drop bag to usの営業時間と予約について

Drop bag to usの営業時間は9AM-10PMです。ダウンタウン市内は夜になると治安が悪いので、日の明るいうちに荷物を受け取りに行くことをお勧めします。予約なしでも荷物を預けられます。その他にも無料でコンセントやWIFI、コピー機、トイレなどを利用できます。アメリカは日本のようにコンビニやスーパーにトレがありません。荷物を預けるついでにトイレを利用することをお勧めします。

以上、サンフランシスコ市内にある荷物預かり場所「Drop bag to us」の紹介でした。サンフランシスコに行く予定のある方は是非利用してみてください。

最新情報をチェックしよう!
>文系エンジニア大学生の技術ブログ

文系エンジニア大学生の技術ブログ

社会が多様化していく中、大学生の学生生活も多様であるべきと考えています。主にエンジニア向けにITやプログラミングなどの技術系と大学生向けに休学、留学、海外生活、トビタテ留学、長期インターンに関する記事を書いています。